ホーム > ブログの更新情報 > 特別受益者の相続分とはどのようなものか

特別受益者の相続分とはどのようなものか

■2014/05/13 特別受益者の相続分とはどのようなものか
特別受益者とは、遺贈を受けたり、相続開始前に被相続人から結婚、大学入学などの際に贈与を受けたりして、特別に受益した人のことです。
特別受益者の相続分は、みなし相続財産を算出し、これに相続分の割合により計算した額から特別受益分(遺贈、贈与を受けた分)を、前渡分として差し引いた額になります。
この場合、遺言で異なった指定(遺贈や贈与の分を差し引かないなど)をすることができます。
なお、相続開始時の相続法等によって相続の法律関係が異なることがありますので、注意してください。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
行政書士事務所 横浜法務会計
http://www.souzoku-support.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口301
TEL:045-313-3260
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/gPaK
Twitter:http://p.tl/jK0b
mixi:http://p.tl/bgWh
アメブロ:http://p.tl/SCnp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆