ホーム > ブログの更新情報 > 法定相続と遺言はどのような関係にあるか

法定相続と遺言はどのような関係にあるか

■2014/05/22 法定相続と遺言はどのような関係にあるか
民法は、遺言で、法定相続分と異なった相続分を定めることができ、また、遺言で、法定相続分の場合の遺産分割協議などの方法によらないで、遺産分割の方法を定めることができるとしています。
このことは、遺産承継の遺言は法定相続に優先し、遺言で決められた配分に従って、遺産が承継されることを意味します。
もっとも、遺留分の制約はあります。
なお、相続開始時の相続法等によって相続の法律関係が異なることがありますので、注意してください。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
行政書士事務所 横浜法務会計
http://www.souzoku-support.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口301
TEL:045-313-3260
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/gPaK
Twitter:http://p.tl/jK0b
mixi:http://p.tl/bgWh
アメブロ:http://p.tl/SCnp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆