ホーム > ブログの更新情報 > 死因贈与契約とはどのようなことか

死因贈与契約とはどのようなことか

■2014/05/24 死因贈与契約とはどのようなことか
死因贈与契約とは、財産を贈る人(贈与者)と財産を受ける人(受贈者)の双方が、贈与者が死亡した時に、財産が贈与者から受贈者に移転することを約束(合意)して成立する契約です。
死因贈与契約は、贈与者の死亡の時に効力が生ずる点で遺贈に似ています。しかし、死因贈与契約は当事者の合意によって成立する法律行為ですが、遺贈は単独による法律行為である点でまったく異なります。
死因贈与契約は、書面によらない贈与は、履行されていない部分について撤回することができます。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
行政書士事務所 横浜法務会計
http://www.souzoku-support.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口301
TEL:045-313-3260
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/gPaK
Twitter:http://p.tl/jK0b
mixi:http://p.tl/bgWh
アメブロ:http://p.tl/SCnp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆