ホーム > ブログの更新情報 > 任意後見制度とはどのようなことか

任意後見制度とはどのようなことか

■2014/05/25 任意後見制度とはどのようなことか
任意後見制度とは、痴呆等になって物事の判断ができなくなってしまったような場合を予想して、物事の判断能力があるうちに、自分の財産の管理、処分等の方法をあらかじめ表明し、それを実行してくれる代理人(任意後見人)を決めておくことができる制度です。
判断能力が低下する前に委託したいときは、任意後見契約とは別に普通の委任契約をする必要があります。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
行政書士事務所 横浜法務会計
http://www.souzoku-support.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口301
TEL:045-313-3260
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/gPaK
Twitter:http://p.tl/jK0b
mixi:http://p.tl/bgWh
アメブロ:http://p.tl/SCnp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆