ホーム > ブログの更新情報 > 被相続人に子がいなく、親がいる場合の法定相続

被相続人に子がいなく、親がいる場合の法定相続

■2014/05/29 被相続人に子がいなく、親がいる場合の法定相続
現行法では、被相続人に第1順位の法定相続人である子がいなく(子の死亡、相続の放棄などにより相続権を失った場合を含む)、かつ、その代襲相続人もいない場合は、配偶者がいれば、配偶者と被相続人の父母、祖父母などの直系尊属が、法定相続人になり、配偶者がいなければ、直系尊属のみが法定相続人になります。
直系尊属が複数いる場合は、被相続人から親等の近い人が優先し、親等の同じ人の間では同順位で、相続人になります。
直系尊属の相続分は、被相続人に配偶者がいるときは、遺産の3分の2を配偶者が相続し、残余(3分の1)を相続します。配偶者がいなければ、直系尊属のみがすべて相続します。配偶者がいなければ、直系尊属のみがすべて相続します。なお、直系尊属が複数いる場合は、各直系尊属の相続分は均等です。
法定相続分は、遺言によって変更することができます。ただし、遺留分を侵害することはできません。
相続開始時の相続法等によって相続の法律関係が異なることがありますので、注意してください。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
行政書士事務所 横浜法務会計
http://www.souzoku-support.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口301
TEL:045-313-3260
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/gPaK
Twitter:http://p.tl/jK0b
mixi:http://p.tl/bgWh
アメブロ:http://p.tl/SCnp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆