ホーム > ブログの更新情報 > 代襲して相続するときはどのようなときか

代襲して相続するときはどのようなときか

■2014/05/31 代襲して相続するときはどのようなときか
現行法では、被相続人の子が被相続人より先に死亡し、または相続の欠格、推定相続人の廃除があったときは、被相続人の子の子(被相続人の孫)が子(被相続人の子)に代わって相続人(代襲相続人)となります(直系卑属の代襲相続)。この場合には、何代にもわたって代襲相続が認められます(再代襲)。
被相続人の兄弟姉妹が被相続人より先に死亡等したときは、その子(被相続人の甥、姪)が兄弟姉妹に代わって相続人(代襲相続人)となります(兄弟姉妹の代襲相続)。この場合には、1代限りしか代襲相続が認められません。
相続開始時の相続法等によって相続の法律関係が異なることがありますので、注意してください。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
行政書士事務所 横浜法務会計
http://www.souzoku-support.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-10-15 ライオンズマンション横浜西口301
TEL:045-313-3260
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/gPaK
Twitter:http://p.tl/jK0b
mixi:http://p.tl/bgWh
アメブロ:http://p.tl/SCnp
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆