ホーム > 所長行政書士のブログ > > 相続時精算課税制度とはどのようなものか
所長行政書士のブログ

相続時精算課税制度とはどのようなものか

相続時精算課税制度は、生前贈与の受贈者が贈与時に贈与税を支払い、その後の相続時にその贈与財産と相続財産を合計した価格をもとにして相続税を計算する、そして相続税からすでに支払った贈与税を控除するという制度です。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!