ホーム > 所長行政書士のブログ > > 贈与税の申告の方法、期限はどのようになっているか
所長行政書士のブログ

贈与税の申告の方法、期限はどのようになっているか

贈与税の申告には、暦年課税の申告と相続時精算課税の申告とがあります。
贈与税の申告は、ある年の1月1日から12月31日までの間に贈与を受けた財産があり、その合計額が基礎控除額110万円を超えたときは、申告(申告書の提出)しなければなりません。
贈与税の申告は、税務署に備付けの申告書によって行います。
贈与税の申告期間は、翌年の2月1日から3月15日までの間です。

⇒ 相続遺言無料相談会実施中!