ホーム > 相続分の算定

相続分の算定

相続分の算定について

■法定相続分
民法において、誰がどのくらいの財産を受け継ぐかを定めていますが、これを法定相続分といいます。

具体的な割合ですが、

  1. 配偶者と子がいる場合
    配偶者と子で2分の1を分け合います。
    さらに子が複数いる場合には2分の1を子の人数で分け合った額を受け取ることになります。
     
  2. 相続人である子がいない、かつ親が健在である場合(相続人である子が死亡した場合も含む。なお、その相続人の子に子がいる場合、つまり被相続人の孫がいる場合は除く)
    配偶者と親が相続人となります。
    割合は配偶者が3分の2、親が3分の1になります(両親とも健在の場合は3分の1のさらに半分ずつ)。
     
  3. 相続人である子がいない、かつ両親とも死亡している場合
    兄弟姉妹が配偶者とともに相続人となります。
    割合は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1になります(兄弟姉妹が複数いる場合は4分の1をさらに等分します)。

特別受益
特別受益とは、相続人間の不公平をなくすために設けられた制度です。
例えば、生前に被相続人から特別の援助を受けている場合、亡くなったときにその援助分を無死して相続分を算出するのは不公平になります。
ですので、その援助分も相続財産とみなして遺産分割をするようにします。

具体的には、

  1. 婚姻、養子縁組のための贈与
    持参金、花嫁道具、新居など
     
  2. 生計の資本のための贈与
    独立して事業を始めるための開業資金、住宅購入資金、他の相続人とは異なる高額な学費(留学費用など)

 寄与分
相続人の中には、被相続人の生前にその財産の維持や増加に特別な貢献をしたことにより、その貢献分だけ、他の相続人よりも多く相続分を受け取るケースがあります。
この加算分を寄与分、寄与分を受け取る相続人を寄与者と呼びます。
Ex, 家事に尽くした、自腹で被相続人の医療費を支払った、親の介護を行った…etc.です。

寄与分を含めた相続分の計算の仕方は、

例えば、寄与分が1000万円だとすると、全相続分から一旦1000万円を差し引いて相続分を算出して、その後、1000万円を寄与者の相続分に加算して割り出します。