ホーム > 相続税額の事前確認

相続税額の事前確認

相続税額の事前確認について

■対象財産等の確認
相続税対策を行うための第一歩はまず、自分の財産がどれくらいあるかを確認することから始まります。また、その財産に対して相続税がどれくらいかかるのかを調査することも必要になるでしょう。
具体的には、土地・建物以外に預貯金・有価証券・生命保険など、様々な財産を洗い出し、総合的な相続税額を算出します。

 税額の計算
課税価格の合計額 - 基礎控除額 = 課税遺産総額
 同一の被相続人から相続又は遺贈により財産を取得したすべての者の分
→相続人が相続分に応じて取得したものとした場合の各取得金額を計算します。
→各人分に税率を適用して計算します。
→各人の合計が税額になります。

相続税対策
相続税の対策はとても重要です。生前に相続税対策をしておけば何千万、何億と得をすることがあります。
具体的には、生前贈与や土地の評価、法人の設立など、当事務所の税理士があらゆるシミュレーションを行い、あなたに最適な節税プランを提案します。