ホーム > 相続手続き

相続手続き

相続手続きのご説明・取扱業務

■概要説明
相続手続きは、遺言がある場合と遺言がない場合とで大きく異なります。
遺言がある場合は原則として遺言どおりの相続が行われますが、遺言がない場合は遺産分割の方法を相続人全員で決めることになります。
特に後者の場合、遺産・相続人の調査、遺産分割協議書の作成、遺産の請求・名義変更等、手続きが煩雑ですので、この点は行政書士に依頼するほうがよいでしょう。

souzoku_flow.jpg
■詳細説明
相続は被相続人の死亡により、法定相続分に従って、自動的に起きます。相続は遺言がある場合の指定相続と、遺言がない場合の法定相続があります。遺言がある場合は、原則として、遺言どおりの相続が行われます。遺言がない場合は、相続人の全員で遺産分割を行うことになります。
遺産分割の前提として、遺産の調査・評価を行わなければなりません。これは、遺産があるか、その遺産は何がいくらかなど、調査することです。借金などのマイナスの財産も、調査する必要があります。調査した遺産については、遺産目録を作成します。
つぎに、遺産分割の協議は相続人全員が出席して行いますので、前提として相続人の戸籍調査を行わなければなりません。これは、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等をすべて取り寄せて、相続人を確定することです。確定した相続人については、相続関係図を作成します。
最後に、遺産分割を行います。これは、遺産をどう分けるかという最も大切な問題であり、相続問題の詰めです。遺産分割についての話し合い(遺産分割協議)で誰がどの財産を具体的に相続するかを決めます。協議が成立した場合は、後日の争いを避けるため、遺産分割協議書の作成をします。 不動産の登記手続きなどには、遺産分割協議書の書面が必要になります。 なお、協議が成立しなければ家庭裁判所の調停、さらに審判によることになります。
あとは、遺産の請求・名義変更、つまり遺産分割協議で決められたとおりに、遺産を請求したり名義変更したりするなどの事後手続きを行います。
遺産の調査・評価には専門知識が必要となりますし、相続人の戸籍調査、遺産の請求・名義変更は非常に煩雑です。また、遺産分割協議書の作成には高度な法的判断が必要となります。ですから、この点は行政書士に依頼するほうがよいでしょう。

■取扱業務
相続手続きに関する解決策や予防策として、行政書士事務所 横浜法務会計【横浜相続遺言サポートセンター】が取り扱う業務をご紹介いたします。

取扱業務 内容
遺産目録作成
(遺産の調査・評価)
遺産分割の前提として、遺産があるか、遺産は何がいくらかなど、調査・評価をして、遺産目録として残します。
相続関係図作成
(相続人の戸籍調査)
遺産分割協議の前提として、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等をすべて取り寄せて、確定した相続人を相続関係図として残します。
遺産分割協議書作成 遺産分割協議の最後の総仕上げとして、誰がどの遺産を取得するのかなど、協議の際に決められたことを、遺産分割協議書として残します。
遺産の請求・名義変更 遺産分割協議で決められたとおりに、遺産の請求や名義変更などの事後手続きを行います。
相続手続き
(一括パック)
遺産目録作成(遺産の調査・評価)、相続関係図作成(相続人の戸籍調査)、遺産分割協議書作成、遺産の請求・名義変更を一括して行います。